タクシー会社一覧 > ゴールド免許の有効期限
ゴールド免許の有効期限

1994年、道路交通法が改正され、優良運転者免許証ができました。有効期限の所が金色でかかれていることから、ゴールド免許ともよばれています。過去5年間減点の対象がない人に与えられるゴールド免許の特徴の一つは、一般の免許に比べて有効期限が5年と長いことです。ブルー免許の有効期限は3年ですから、5年間使える免許証は運転者にとってとても便利だと言えるでしょう。

ただし、条件によって有効期限の長さは変わってきます。一つは年齢です。69歳以下の人は5年間ですが、70歳の人は4年間、71歳以上の人は3年間になっています。そして5年間の有効期限内に事故を起こしたり、何かの違反をすれば、次の更新のときにはブルー免許に戻ってしまいます。例外は交通事故とみなされない自損事故の場合です。この時は違反点数がないので、ゴールド免許を保つことができます。

有効期限が長いのは自動車保険の保険料にとっても有利です。各保険会社はゴールド免許を持っている人に保険料を割引するからです。その免許をもっているのは、安全な運転をするドライバーであるか、またはあまり運転する機会がないので事故や違反のないドライバーといえるかもしれません。いずれにしても保険会社にとって、事故に遭う確率の少ない人はよいお客ですから、保険料を安くすることができるといわれています。自動車保険は契約時にゴールド免許をもっていることが重要なので、有効期限はしっかりチェックするとよいでしょう。

関連サイトとなります

Copyright ©  三重県でおすすめのタクシー会社【安全運転で信頼度抜群!】 All Rights Reserved.