タクシー会社一覧 > ゴールド免許の失効
ゴールド免許の失効

ゴールド免許を所持している方でも、その有効期間内に点数のつく違反を起こした場合には、次の更新のときからブルーに変わります。つまり、次の更新と同時に、ゴールドという色に関しては失効ということになります。更新のときまでは、色もそのままで使えます。失効してブルーになったりすると、次の年からの任意保険料が多少上がります。

また、うっかり更新の時期を忘れたりしていると免許自体も失効という場合もあります。それ自体が失効してしまうと、たとえ回復してもブルーではないかという疑問が生じますが、失効後6か月以内であれば、技能試験や学科試験が免除され、色もゴールド免許に回復することができます。ただ、これはやむを得ない理由で失効させた場合であり、これを証明する書面が必要になります。あまりにもそれが長期間であったりすると、免許自体の回復も難しくなってしまうので、免許の有効期間というのは、常日頃から意識しておいたほうが良さそうです。更新の時期になると、通常の更新の案内がきますが、住所移転の申告をしていないと、案内が来ずに、うっかり失効させてしまう人も多いです。

失効後ブルーではなくゴールド免許に回復できるかどうかというのは、事案よって多少要件が違うようです。海外に住んでいる場合など、失効してからの期間が1年以上でも認められる場合もあれば、6か月以上経つとブルーからとなる場合もあります。とにかく、更新の時期というのはちゃんと覚えておいて、失効させないことが一番大切です。

関連サイトとなります

Copyright ©  三重県でおすすめのタクシー会社【安全運転で信頼度抜群!】 All Rights Reserved.